シミの原因は寝不足です。

シミの原因が寝不足にあるって知っていましたか?よく、お肌のゴールデンタイムがある、ということを聞きますよね。そのゴールデンタイムに睡眠を取れていないと、肌に影響があることは知っていると思います。

 

睡眠時間が不十分な人と、十分取れている人は一目瞭然です。表情にもよくでますから。疲れが顔に出ていて、覇気がない顔になっていますからね。

 

では、シミの原因についてまとめてみましょう。寝不足がシミの原因になるというのは、体が休まないだけでなく、肌細胞も活発にならないからなのです。人間が寝ている間に、肌のターンオーバーを促してくれる肌細胞。寝る時間が短ければ短いほど、その働きは鈍くなっていきます。

 

肌のターンオーバーが正常に行われないと、角質が厚くなり、乾燥しやすい肌になってしまいます。肌のバリア機能が低下するので、刺激にも弱くなってしまいますよね。

 

肌のバリア機能が低下している状態だと、紫外線の影響もおおきくなり、シミができやすくなってしまうのです。寝不足が原因でシミができやすくなってしまうのは、肌のバリア機能の低下にあります。バリア機能を正常にキープさせるためにも、十分な睡眠は必要不可欠なのです。

 

睡眠時間が十分に取れて、寝不足が解消されれば、それだけで肌が生まれ変わりやすくなり、美肌になってきます。寝不足は体の不調も起こす原因になりますよね。シミができるだけでは済まなくなりますから、普段から気を付けておきたいものです。